上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.06 ひょいと
また、熱を出してしまいました。
もうすっかり大丈夫なのですが、まわりの人たちにご迷惑おかけしました。
ごめんなさい。
そういうわけで、(私的には)結構苦しかったので病院に行ったのですが、お医者さんにはかなりの頻度で「大丈夫。」と言われました。
大丈夫じゃないから来てるんですけど、と思いながらもお医者さんの言うことだから大丈夫だろうと思い込み、帰ったのです。

が、(私的には)いつもとちょっと違う苦しみだったので(私的には)大変だったのですが、なによりもびっくりしたのが病院内にあふれるおじいちゃん&おばあちゃん。そしてお医者さんの「大丈夫。」
・・・祭りかよ!?
てな人ごみだったのですが、もちろんワイショ、ワイショといったにぎわいは皆無。
さすがに、私は大丈夫なんだろうなって思わされました。

そして、ココから病院までの距離。車で1時間。
あほか!遠すぎる!!
(あ、近くにちいさなお医者さんもありますが)

と、自分の問題(頭痛とか)はさておき、大きな社会的問題に気付いたのです。

道路はいいから医者をくれ!!


ともあれ、「大丈夫。」と言われた私は一時間の道のりを悶々としながら走ったのですが、結局は森や海のあざやかな色彩に癒されたわけです。
そう、日本国内にありながらココはひょいと来られるトコではありません。
しかしそれだけにその道のりがドラマティックなのです。

さあ、行こうかどうか迷っているお友達たちよ、
ひょいととび出して来るがいい!(ちょっとならお迎えに行くよ。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://glassstudioshirakami.blog20.fc2.com/tb.php/80-de228dcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。