上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.29 青森のたび
先日3連休をいただきまして、東京から来た友人と青森の旅に出かけました。
え、なんで冬に?
と、私も思いました。青森の本領発揮期間はやはり5月~10月くらいだと確信していました。

旅の前日、かなりの強風で友人からの連絡が無かったので、中止かななんて思って連絡してみたらやっと今青森に到着した、とのこと。

え、来てるの?!

そんな感じで、旅が始まりました。
友人D氏は、東京で別の友人と3人暮らしをしており、そのうちの一人T氏が青森県七戸町出身でどうやらそのご両親と顔見知りだったらしい。もちろん私はT氏のご両親とは面識がない。
せっかくだからおじゃましちゃおうということになり、一路七戸町へ。
前日の強風もすっかりやみ、比較的走りやすい道路。天気も良好で旅は順調。
が、七戸町というざっくりとした地名は分かれど住所は知らないらしい。

え、知らないの?!

メールなどの手段を使いなんとかT宅へ到着。
お昼ごはんをご馳走になり、お母さんのマシンガントークとお父さんのふわりとしたつっこみ。
ねこがストーブ前でまどろむ穏やかな昼下がりでした。
「今日はどこへ泊まるの?」
との問いから空気は一変。

え、言ってないの?!

友人の長すぎるメールが途中で切れてしまったため、重要な部分が伝わってなかったらしい。
それでも快く宿泊させていただき、また夕飯までご馳走になり、お母さんのマシンガントークとお父さんの半ばあきれたつっこみ。
とてもあたたかい冬の夜でした。

そんなかんじで、完全無計画のたびは続いたのですが、歴史好きのD氏の導きで知ることのなかった良き青森を発見。
歴史的背景から見られる県民性や、建造物。本州最北端という土地柄から見られる町の成り立ち。
嘘か本当かよく分からないけど、そうなのかなって思ったら青森が好きになってきました。

冬は雪深くて、寒くて不自由がたくさんあります。
ひとりでは出来ないことが多すぎます。
でも青森県民はあたたかい。これでもかってくらい親切にしてくれます。

冬の青森も、いいところ満載です。
遠方よりお越しの際は運転に気をつけてね。


Tさんありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://glassstudioshirakami.blog20.fc2.com/tb.php/71-c2372823
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。